落花生が血管を作ったり強くしたりする力があるそうです。

ピーナツのユニークな生態とは?

ピーナッツ(落花生)の花は黄色をしています。
その花が終わると子房柄が土のほうへ向かって下がり地中へと入るのです。

なぜ地中へ?

それは地中のほうが安全だからだそうです。
そして土の中のミネラルが殻の中に入り、殻の中の実のでんぷんを油に変えてくれます。
オレイン酸などの不飽和脂肪酸を生成します。
不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸のバランスがピーナッツにはあるということです。
リノール酸などは血管を作ったり強くする力があると言われています。

ピーナツバターの栄養素に気づいた医師だったジョン・ケッログ氏、「ケッログ」は
菓子メーカーで有名ですね。

また、ジーゼルエンジンもピーナッツオイルからできていると言うことです。

ピーナツは一日何個摂ればよいのでしょうか

約一日1オンス位の摂取量がよいといわれています。

1オンスは約20粒で約28グラム、カロリーは150キロカロリーといわれています。
肉や炭水化物をピーナッツに置き換えるとよいのではということです。

収穫して自然乾燥を一ヶ月ほどすると甘味や旨みが増すそうです。

焙煎によって変わる香り

2017/ 1/11 19:59

焙煎によって変わる香りを浅い、深いと表現するそうです。

柿ピーに入っている、あの入り具合がちょうどよいそうです。

ピーナッツを炒ってみる

市販のピーナッツを少し炒ってみると照りが出てきます。
少し冷ますと食感と甘味がアップします。

ピーナッツバターやペーストにするとマイルドな味になるという。
ピーナッツバターは旨み調味料となる。皮付きと

ペーストにすると使いやすいとの話です。
皮付きの豆とフードプロセッサーに入れて約3分でペーストの出来あがり!

殻の使い道は消臭剤として使われるとのことです。

真っ黒になるまで炒り、砂糖と生クリームを加えて冷蔵庫に入れておくと
「はい、出来上がり!」とのこと。