仕事の給与明細をもらう時に健康保険料などがガバッっと引かれていますね。
私たちは収める義務があり、その保険料は医療費に使われるわけです。

病院通いをして保険料の有難さが分かるのですが、その保険料率
何年ぶりかで下がっているのです。

あまりそこまで気にしていなかったのですが・・・・

東京都 9.97%→9.96%
千葉  9.97%→9.93%
神奈川 9.98%→9.97% (協会けんぽ健康保険料率)

と都会での数値です。都道府県によって変わります。
わずかなですが変更されています。

介護保険料は変更がないようです。

なぜ都道府県ごとに変わるのでしょうか。

それは都道府県ごとに医療費が異なるからだそうです。地域の加入者の
医療費に基づいて算出されるようです。

高齢化に伴い医療費は増加の一途を辿っているので下がるということ自体
有難いことなんですね。
でも今後は見込めなさそうです。高齢者の方に元気でいてもらい働ける人は
働いてもらいたいものです。

年齢と戦う女性のためのパセノールドリンク

illust妊婦