「目は口ほどに物を言う」と言われるように目を見ると相手の、言葉に現れない思いや感情を読み取ることができる。

目は大事な情報手段でもあります

相手に睨まれれば怒っている、と分かるし涙が溢れていれば悲しみを表している。

幼児をだっこしたり話しかけたりする時はしいっぱいの笑顔を向ける。
そうすると笑い返してくれる。

無愛想で向き合えば幼児は泣き出すか親を探し始める。
一番正直なのが幼児の反応なのです。

ヘレンケラー

目が見えなかった分、心から湧き出る思いを表現したいがために非常に努力をした、と言われている。

たとえ不自由でも周囲のサポート、本人の思いを外に出せるようにしてあげることは大切なこと。

目の不自由な人たちへの思いやり

目の不自由な人たちのための研究が急ピッチで進んでいる。
大切な目をケアすることは怠ってはならない。

年齢を重ねるとともに、物が見えにくくなったりして転倒、果ては骨折ということもあり得る。

kenkokenko

最近目が疲れていませんか?テキスト

文字が見えなくなれば注意も散漫になり気力も失せる。

そのためにも日ごろのケアと栄養を欠かさないことです。

現代は医療の研究が盛んでかゆいところに手が届くようなサポート体制です。

アンチエイジングには不可欠なサポートだと思う。

高齢化とともに進歩している科学のお世話になることも選択肢の一つです。