お釈迦様が菩提樹の木の下で悟りを開いた日が12月8日、と言われています。

釈迦は29歳まで何の苦労もなく育った王族の王子でした。
29歳の年に出家し35歳で悟りを開きました。

人間は生まれ、年老いていき、病に伏せ最期は死に至る、その人生の中で
どのような悟りを開いたのか興味が湧くところです。

お釈迦様も人間だったのです。

超人ではないところに親しみを感じます。

難しい仏典用語を一つ一つ解釈するのもいいと思います。

ストーリーとしての「ブッダ」(手塚治虫)を読むのも方法です。
手塚作品はレビューも多く評価が高いです。

そのレビューの中で「人生観」「価値観」「世界観」を動かすという感想や
「食い入るように読んでしまった」「不朽の名作」という感想もあります。