TV番組「金スマ」に順天堂大学の小林先生が登場、
話題は交感神経、副交感神経が体に及ぼす影響がセンサーによって
計測可能だということです。

うつ病の人は副交感神経が働きすぎで、交感神経が働きすぎはパニック障害になるという。

*交感神経と副交感神経

どんな時に乱れるかというと、頑張りすぎていると自律神経は乱れるらしい。

あるタレントが疲れがとれない、潔癖症、掃除が趣味というが
実はストレス度が91%という数値が出ている。
大好きな掃除がストレスになっている。
頑張りすぎていると自律神経は乱れ、数値に表れてくるという。

*ストレス解消法
作り笑いをするだけでも自律神経が整うので試してみようということです。

あえて大きなため息をしよう。大きな息をすることにより呼吸を整えられる。

ここぞと言う時は勝負服をやめよう。慣れない服を着ると動きにくいという
ストレスを感じてよくないとのことです。

普段から財布に現金を足しておこう。
頭を使うのに午前中がよい



昼寝はかえって疲れるのでNG、寝ダメも要注意とのことです。

副交感神経が働きすぎるのもよくないので昼寝することによって
次の仕事への切り替えがうまくいかないというものです。

クラシックを聞くよりロックを聴くほうがいい、
スマップの「ありがとう」のようなリラックス曲がいいという。

お酒のアルコールが交感神経を刺激するので水と一緒飲むとよい。

交感神経と副交感神経のバランスがずれるんだったら交感神経が多いほうがよい
とのこと。

バランスを保つことは何においても必要ですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いくつになっても若々しく輝きたい!忙しさやストレスを乗り切りたい!!
年齢と戦う女性のための美容ドリンク!新世代ポリフェノールで綺麗の備え!