目は健康のバロメーターと言われていますが、ピント合わせに困りはじめ、老眼の症状がでれば年齢を意識するようになります。

エンドレスに老眼が進むわけでなくあるところになると止まるとテレビの情報番組で聞きました。
パソコンを見続けて疲れるのは老若男女誰もが経験していることです。
では上手に目と付き合うにはどうしたらよいのでしょう。

ルチン

加齢によって減少する栄養素ルチンなどは補給することによって
疲れを助ける役目を果たすと言われています。

ルチンは蕎麦の実に含まれているそうです。(ウィキペディアより)

カロチノイド

サケやいくらなどに含まれるカロチノイドが酸化されやすいオメガ脂肪酸をサポートする役割を持っています。

目に関係する栄養素が含まれている栄養素の一つがカロチノイドですがもっと他にも沢山あります。
バランスよく摂取するのがいいようですね。

健康を自負しているつもりでも年齢とともに思うようにならないことがおきてくのが普通です。気力もそうですね。

実際にその状態になってみないと分かりませんがもろもろのことが
徐々に衰えたと実感する前に手段を取るのも方法です。

目の疲れ

目の疲れで首や肩が凝ることも症状の一つと言われています。
ピント合わせに苦労しないように目をサポートすることが大切です。

目は健康のバロメーターなので大切にしたいものです。