日本のシンドラー、杉原千畝の功績

日本のシンドラーと呼ばれた外交官、杉原千畝の功績を私たち日本人はもっと
知らなければと思います。
シンドラーとは、第二次世界大戦中に千人強のユダヤ人を救ったドイツ系の
オスカー・シンドラーという人の名前。

杉原千畝は岐阜の山奥(八百津町、自然に恵まれた山間地域)から出て早稲田で学び、外交官になった人でロシア語、ドイツ語フランス語に長けていたと言われています。

東宝映画「杉原千畝 スギハラチウネ」(2015)の中で杉原自身「人の世話にならないよう、お世話をするように、そして報いを求めぬように」という言葉通りの人だったようです。

第二次世界大戦中に、自分の信念を貫きユダヤ人に命のビザを発給した外交官、杉原千畝は1985年1月18日イスラエル政府より「諸国民の中の正義の人賞」を受賞している。

日本国が発給してくれれば、迫害されている自分たちはソ連を通って逃げられるという切実な願いがあり、それをかなえてあげたことでその子孫たちに感謝され続けています。

すごい日本人ですね。

映画の中では
「ユダヤ難民を見捨てるわけにいかない、ポーランド攻勢でヒトラーは勢いづいているが同盟を結んでいるドイツだってソ連に侵攻すれば日本のために動いてくれることはない」そんなことも危惧していたのです。

リトアニア、カウナスの日本領事館で2139枚(一家に一枚、約6000人)のビザを発給していたという事実、そしてそのビザ発給で救われた人の子孫が世界中で4万人以上生存しているという。

2000年10月10日に外務省が公式に杉原千畝の功績を顕彰している、そういう功績を見て真の外交官魂とはこういうものだと感動しました。

昭和16年、ソ連を通って船で福井県鶴賀沖に着いた難民たちは今までの緊張から安堵に変わり、子供たちは船から降りると跳ね回っていたという当時を知る老人の話をTV番組で紹介していました。当時は日本も戦火の中でした・・・・・

こんなに立派な日本人がいたのに学校では教えてもらわなかったのは不思議です。

WOWOW「杉原千畝スギハラチウネ」12月10日、11日

日本のシンドラーと呼ばれた外交官の激動の半生を描いた歴史ドラマが放映されます。

WOWOW「杉原千畝スギハラチウネ」12月10日、11日。

第二次世界大戦中、多くのユダヤ難民にビザを発給し命を救った日本人外交官
杉原千畝を、俳優の唐沢寿明さんが演じます。

ポーランドでのオールロケ撮影により杉原千畝を壮大に映し出すというドラマです。
お楽しみに。
杉原千畝に関する記事はこちらに詳しく掲載してあります

杉原千畝は岐阜県八百津町という田舎で生まれ、父親の息子に対する希望は
「医者になれ」ということだったが、自信は一生懸命外国語の勉強をして
早稲田に入学した。
医師になることより外交官になりたかった千畝はその希望をかなえてしまったのだ・・・・

奥様、幸子さんの功績も大きかったことと思います。
幸子さんに関する記事を見つけました

杉原伸生氏が父親、千畝氏について語っています。インタビュー記事を見つけました

人間としての外交官はこういう人のことをいうのですね。

伊勢志摩サミット 首相の英語でのおもてなしと市民の語学ボランティア

伊勢志摩サミットでが安倍首相が通訳なしで英語でコミュニケーションしましたが
こういうことは日本では今までになかったこと。

1979年東京サミット(37年前の最初の日本でのサミット)
では議長国でありながら大平総理は端っこにいたというのです。
主催国なのにポツンと一人・・
当時はそれが当たり前の日本でした。

37年前は「言わなくてもわかるじゃないか」という時代だった。

それが今回のサミットでの安倍首相のおもてなし力はすごいと感じました。
まさに、おもてなしを言葉、食材、伝統、場所全ての面から行いました。

伊勢神宮各国の首脳に訪問してもらったということも大きな成果であり
日本という国を知って頂くには最適な場所でした。

そんな中、市民ボランティアが語学でも活躍したそうです。
外国人が多く集まる伊勢駅やフェリーで着いたメディア関係者にも
ボランティアが活躍していました。

高齢者である65歳の男性が語学でサポートしていました。
聞くのは理解できても実践英語に戸惑ったという感想も述べていました。(フジTV報道2001)
語学ボランティアは200人の枠で1000人の応募があったという狭き門。

バングラデッシュの新聞記者に身元確認をしている語学ボランティア。
メディア記者の身元を確認するのに戸惑っていました。(報道2001)
where do you stay? マツサカ・・京都奈良?

報道者の身元判明がするのに時間がかかったが、バングラディシュの記者は
フレンドリーで親身になってくれた」と一件落着した様子。

日本の良さを世界に発信されたとのこと、素直にうれしいものです。

伊勢志摩サミットが開催、重要な会議を支えるシェルパとは?

伊勢志摩サミットが始まりました。
25日昨夜はサミット会議の前に日米会談が開催されました。
会談の後、記者会議があったのですが質問者は日米ともに女性でした。

シェルパについて:
世界が注目のサミットですが、26日TVライブミヤネ屋ではサミットに
関わる人の中でシェルパのハードな仕事について紹介しています。

2007年7月の洞爺湖サミットでシュルパ(補佐官)を務めた河野氏が
出演。
その仕事の責任と重要性について語っています。
この仕事は外務審議官が務めることになっているという。

シェルパだけが首脳会議の中に入れるだけという。

そのための下準備に半年前からかかるという。

シェルパの仕事
洞爺湖サミットの時はその年の1月から200項目にも及ぶ打ち合わせを
前日まで続けたという。2~3日寝る時間がないほどだったという
ほどのハードスケジュールのようです。

各国首脳に一人付くシェルパは議論が白熱することはよくあることで
それは国益を考えてのことであり、意地でもまとめ上げるという。
最後は首脳がまとめ上げることになるのでその時は余程のことがない限り
呼ばれることはないという。

シェルパの内助の功
大役であるシェルパだが首脳たちの食事会の部屋には入れないという。
まさに内助の功です。
議長国のシェルパは大変さが増すという。

もちろん英語での会話ということです。
シェルパがまとめあげたのがひっくり返ることはないのかと言う質問に、
首脳会議の議論の中であるという、その場合は最後にまたその
議論をまとめる仕事をすることになる。

シナリオのない会議なので厳しい雰囲気だがそれは世界のためと
いう気持ちが強く働いているという。

3本の矢金融政策、財政出動、構造改革を成功させていもらいたいものです。