宗派によってお焼香の仕方が変わります。浄土真宗の場合。

ご焼香の仕方の違いに気づいた人います?

まずお数珠の持ち方ひとつでもいろいろな方があります。

あるご住職のお話です。「私は浄土真宗東本願寺大谷派の教えしか知りませんから、他宗教(派)のやり方を知りません」と前置きされました。

「簡易型の短いお数珠は、(白い)玉を下にして(房が下に下がる)親指と人差し指の間で挟み、両手を数珠の輪に入れます。

ところが、片手だけを数珠の輪に入れもう一つの手のひらで抑える人。

また、数珠は片手の手首のところにぶら下げて手を合わせる人。いろいろな方がいらっしゃいました。

私はほかの 宗教のことを知りませんから、どれが間違いとは言いません。

私が教わってきたやり方、数珠の輪の中に両手の掌を合わせて入れる、このやり方しか知りません。

また、長い108の数珠珠の正式な数珠の場合は、房が長いので、白玉を上に(つまり房も上に)して、房を左側に垂らす、というのが、東本願寺大谷派の作法となっております。

この頃は、葬儀場の係の人が作法を説明してくれることが多くなりましたから、迷うことは少なくなったかもしれません。

東本願寺大谷派は、抹香を押しいただかないで2回つまんで香炉に落とす。(これは宗派によって違います)」

お焼香の仕方も最初に説明があるのは助かります。
お数珠を忘れてしまったり宗派で使わない人は使わなくても心配無用とのことです。ちょっと安心しました。

お彼岸

良寛様の歌「散る桜 残る桜も 散る桜」

お彼岸の法話で「死」という漢字の説明がありました。
左の夕に似た字は「骨」を表していて右のカタカナ「ヒ」に似た字は向き合う姿を現し合掌した形に似てます。
誰もが向き合う人生の最期・・・・

子に先立たれた親の心境は計り知れない悲しみがありますという話が続きます。

その中で禅僧だった良寛の歌の説明が続きます。

「散る桜 残る桜も 散る桜」

桜がはかなく散っていきますが残っている桜もやがて散っていきます。
と、はかなさが桜の花で例えられている歌です。

散る桜 残る桜も 散る桜(良寛)

良寛はこの句を、さくらの名所、吉野の里で作ったということです。

認知症を早期発見して予防することの大切さと歩行することによる変化

認知症予防が広く言われている昨今です。
長寿社会になった今、他人事ではなくなっていますね。
特に寿命が長い女性にとっては深刻な問題です。

NHK「シリーズ医療革命」認知症予防への道と題して認知症の早期発見の大切さを訴える番組の中でMCI(軽度認知障害)の取り組みが紹介されていました。

脳内ネットーワークの役割

脳内にはネットワークが存在していてさまざまな機能を果たす役割があるという。
それは年齢とともに変化する。
ネットワークのつながりが弱まると認知機能が低下するというもの。
なんとなく理解できますね。

認知症早期発見の重要さ

アメリカのワシントン大学の研究で脳内ネットワークは年相応以上に弱まっているという。
ネットワークの弱まりをいち早くとらえることこそ早期発見につながる
と唱えている。

歩行に関する調査

日常生活でわかるのは歩行の速さが遅くなり、歩幅が狭くなってふらつきやすくなるという。
ではなぜ、脳内ネットワークが弱まると歩行が不安定になるのでしょうか。
脳はもともと空間認識などのネットワークによってバランスを取ることができる。

普段は、いろいろな情報が脳に入ると無意識のうちにネットワークに入るという。

そこで27000人の歩行データを集めて実験。
秒速80cm(時速2.9km)より歩行が遅くなると認知症のリスクが疑われるとの結果が出ている。

[char no=”1″ char=”長寿”]あなたは心当たりありませんか?[/char]

歩きながらアルファベットを「a~c~e~g~i~k~m~o」のように一文字飛ばしながら歩くことで認知機能が測定できるという。

認知症になると、歩くことと考えることを同時にすることが難しくなる。

たとえば日本語で「あ~う~お~」であれば簡単かもしれませんね。

アメリカワシントン大学の調査の結果では、ふたつのことを同時に出来ないその理由は、集中力を発揮するときに働く脳の場所が関係しているという。

認知機能を支える脳の働き方が変化している。
それはネットワークが弱まっているサインかもしれない。

変化の例

・外出するのが面倒
・小銭を数えるのが面倒
・手の込んだ料理が作れない
・車をこする
・同じことを何度も話す

[char no=”2″ char=”rabbit”]こういう人、周囲にいませんか?[/char]
自分に置き換えて考えてみるのも大切なことですね。
おじいちゃんや親御さんに「あるある・・」という人も。

一歩手前(脳内ネットワークの衰え)を防ぐには?

神経細胞 血管に異常が起こることが原因とされる認知症。
微小出血するとその周辺の神経細胞が壊れてしまうので血管の状態をよくすることが大切。

効果的な方法

あることを1年間続けると改善されたという。

それは簡単なこと。

歩くことが最善の方法だという。息が弾む程度歩くと(1日一時間、週3回行なう)
新しい血管を作るように促すBDNFが脳内で新たな神経細胞が生まれるのを促す。

若い人のように変化することによって健康になった。
フィンランドでは1,260人の協力を得て予防研究を行う。
フィンガー研究の予防対策では、早歩き+生活スタイルを変えることによって心も体もよい状態を保ち、これを2年間続けると機能が25%上昇したという報告がある。

運動などで軽い筋力トレーニングをしたり食生活の改善(魚や野菜を多くとる)をしたり血圧管理をすると脳内の微小出血を防ぐ効果があるという。

記憶力のゲームをして脳を刺激することも大切。

予防の新時代へ

日本では2015年に認知症を発症する人が500万人、2050年には1000万人を突破する予想という。
これを食い止めることが重要。
脳梗塞の再発を防ぐ薬シロスタゾールが出血を防ぐと言われ日本で開発されている。
2015年の夏から治験が始まった。

愛知県では2015年から10000人を対象に認知症早期発見運動を行なっているという。
深刻な問題が世界中で起きている中で、有効な薬が開発されることを願っています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

愛知県の国立長寿医療センター長の遠藤先生がTV番組(12月26日、たけしの番組)で語ったことは、カレー粉に含まれるターメッリック=ウコンは認知症予防効果があると言う結果が出ているという。

インドとアメリカの認知症比較では圧倒的にアメリカが多いという結果が出ている。ターメリックを摂取するインドの方が認知症になる確率が低かったという。

カレーライスなどが予防食となればもっといいかもしれないですね。

NHKガッテンH.30.03.28再放送

番組の中で瞑想することによって脳が休まり、瞑想後数分後には頭がすスッキリするという報告がありました。
脳を休ませるということも大切という。

また、その逆を行くようですが、没頭することが脳の疲れを忘れさせるというもの。
ダーツを取り上げてやっていましたが、一見、集中するスポーツなので脳にとってストレスが大きいのではと思うのですが「没頭する」それ自体が脳に良いらしい。

喪中の方にお歳暮を贈る時の心遣いと年賀欠礼の葉書

師走に入り何かと気忙しくなっています。
そんな中、仕事や家族の関係者から年賀欠礼の葉書が届くことが。

年賀欠礼が届いた時に

毎年季節のご挨拶をしている方から年賀欠礼葉書が届いた時に
紅白の熨斗を付けてお歳暮を贈るのは気が引けます。

でも、どうしたらよいのかわからないことが多い。

水引のない半紙に

そんな時には水引のない半紙にお歳暮と書いてお送りするのが一番いい
でしょう。
紅白を使わない心がけも必要です。

ちょっとした心遣いは社会において必要なことですね。

喪中の人に

年賀欠礼の文章はどれも同じで味気ないもの。
喪中なのでそこまで気を配る余裕はないと思いますが、故人について一言添えるといいいのでは。
大往生であればなおさらのこと。

郵便局でも喪中はがきの印刷を受けてくれるところに相談するのも方法です。

昔と違い現代は時間が早く過ぎていき、喪に服する日数も以前より短くなっていると聞きます。
社会における忌引きが短縮されているのも事実。
交通の便も良くなり、昔とは比べ物にならないほど日常が早く動きます。

喪中の時期は時と場合、そして亡くなった人の年齢などを考えて自分なりに決めるのもひとつ。

大切な人を失って悲しんでいる時に、無情に聞こえてしまいますがすべての人が一律というわけにもいかないのが世の中です。

季節の挨拶を贈る人も贈られる人も半紙一枚で気持ちが通じ合います。

生活の心得は大切なことですね。

 

 

紫外線UV-AとUV-Bから肌を守るための美容液

紫外線UV-AとUV-Bから肌を守るためのの美容液です。

 

◆UV-A波(肌を黒くし、長時間かけてハリ・弾力を失わせる紫外線)
UV-B波(短時間で肌に赤みや炎症をひきおこさせる紫外線)
◆アレルギーテスト済み(全ての方にアレルギーが起きないというわけ
ではありません)
◆水、汗に強いウオータープルーフ
◆専用クレンジングは不要で、普段お使いの洗浄料で落とすことが
できます。

以前に皮膚科でシミの相談をした時に「春頃から紫外線の影響を受けるので日焼け止めクリームはしっかりつけてください」と言われました。

2016/ 3/ 6 9:54

色白は七難隠すという諺があります。

ホワイティシモ
無香料無着色と聞くだけで安心します。

ブッダの教え 悟り 「おもてなし」を受ける 釈迦の教え

NHKアーカイブス1995年の番組で印象に残った場面があったので書き留めました。

釈迦が故郷へ向かう旅の途中での話であり、死を直前にして人々に残していった言葉を探ります。

インド哲学者の中村 元氏、きき手は草柳 隆三氏。

インドでは植物をまるで自分の仲間で生あるものとして樹木を愛する。

そして大きな樹木があるとそこに塚を作り神が宿るとして大切にする。

晩年、80歳のブッダ(釈尊)は
「世界は美しいもので人間の生命は甘美なものだ」といって思い出の地をゆっくり眺めながら別れを惜しんだ。

釈尊はインドのカースト制度の中で、上下の隔てなしに人に接した。

旅の途中で(下層階級の人間)チュンダが釈尊に「おもてなし」をしようと食事を差し上げた。

釈尊はその申し出を快く受けたというのです。

しかし、その食物にあたってしまったようです。(今で言う赤痢のようなもの)

チュンダは自責の念にかられた。
釈尊はもてなしてくれたチュンダを責めることなく

思いやりの言葉で「意義深いものであった」と言われたという。

旅をするに連れ随分衰弱してきた釈尊は愛弟子、アーナンダに「喉が渇いた、水を飲みたい」と言う。

人間ブッダが苦しまれている。

生まれ故郷に辿りつけず旅の途中でアーナンダに「サーラ樹(沙羅双樹)の間に頭を北に向けて床を用意してくれ」と言う。

愛弟子の方が悲嘆にくれていると「生あるものは破壊されるものである。」と釈尊が叱咤激励する。

「私が伝えた言葉が死後にお前たちの師となる」と諭した。

民族、宗教を超えて釈尊の言葉に耳を傾けると同感することがあると哲学者 中村 元氏は述べています。