248番目にして初めての国書に由来する元号「令和」

新元号「令和」

4月1日、新しい元号の発表の日となり、日本中が落ち着かない様子でした。

新春の月にして気淑く風ぎ梅は鏡前の粉を披き蘭は 珮後の香を薫らす

(万葉集

梅花の歌32首の序文に当たる文です。

天平二年正月十三日に帥の老の宅にあつまりて宴会を申く。時に、・・・・から
続いています。季節の良い月に梅の花が開いて薫る様が目に浮かぶようです。

序文はこの後も続いています。庭に蝶が舞っていたり、空には雁が飛ぶ描写が序文に見られ、自然の美しさが見て取れるようです。(万葉集 中西進著から引用)

序文にある梅の花の色はおしろいのように白い梅です。

蘭の香りもいい香りということはこの時代に蘭の花もあったんですね。
いつの時代も香りというものは、人を幸せにするものですね。

安倍首相の談話 では、厳しい寒さの後で見事に咲き誇る梅のように明日への希望とともに 、それぞれが大きな花となっていってほしいという気持ちを込めて、元号の選定にあたったとのことでした。

国書を由来とした元号ははじめて

国書を由来とした元号は、元号ができてから初めてのことだという。
日本には色あせることのない価値があると、首相は続ける。

地位、身分に関係なく集められた日本最古の歌集、万葉集からの出典はうれしいことです。
人々が美しく心を寄せ合う中で文化が育まれてきた日本、四季折々の美しい自然の中、生活の中に根差していくことを願って選定されたという。

令の意味、よい。誉め言葉に使われる

令の付く言葉::令夫人、令息、令嬢、令兄、令月

新元号「令和」
こちらにも万葉集の歌があります

簡単な字で覚えやすいですね。

ポプラ社 えんぴつで万葉集から
家にあったテキスト本


万葉集:楽天ブックス

お花見のマナー 桜の枝をむやみに触らない

桜を愛でるには

平成最後のお花見が各地で見られます。

「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」と言われるように桜はむやみに切ったり触ったりしてはいけないのですが、特に外国人観光客にはわかりません。

毎年のように観光客で泣かされるところもあるようです。

ある番組で、阿川佐和子さんが、ドイツへ旅した時に車で移動するときに「ここは入ってはダメ」と皆が寄ってきて注意を促したという。
桜の木を大切に守るには、みんなで注意しあうことが大切だと述べていました。

桜はむやみに触らないことです。
触ったり折ったりするとそこから菌が入り腐りやすくなるという。

そういうことを知らない人には、見て見ぬふりをせずに、注意を促してあげましょう。



桜に関する歌

花の色は 移りにけりな いたづらに 我が身世にふる ながめせしまに(小野小町)百人一首9番歌

ひさかたの 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ
(紀友則)
百人一首33番歌

いにしえの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に 匂ひぬるかな
(伊勢大輔)
百人一首61番歌

もろともに あはれと思へ 山桜 花よりほかに 知る人もなし
(前大僧正行尊)
百人一首66番歌

高砂の 尾上の桜 咲きにけり 外山のかすみ 立たずもあらなむ
(前権中納言匡房)
百人一首73番歌

花さそふ  嵐の庭の  雪ならで ふりゆくものは わが身なりけり
(入道前太政大臣)百人一首96番歌

小倉百人一首

a brilliant woman 日本美人 陸奥宗光夫人亮子

女性なら一度は言われてみたい「美しい女性」という言葉。
縁がある人もそうでない人も一般的に美しい女性とはどんな人でしょうか。
テレビで放映されていたものをまとめてみましたが、ここでは昔の女性を参考に紹介されています。時代背景が現代とは大きく異なっています。

最も美しい日本女性

a brilliant woman 陸奥宗光(江戸~明治を生きた政治家 治外法権撤廃、
日英通商航海条約締結)の夫人、亮子は宗光がアメリカ赴任時、現地の外交界で美しい日本女性だという評判だった。

亮子は藩士の妾の娘に生まれ15歳で芸子、小兼になって新橋で紀州生まれの宗光に見初められる。

勉強家で努力家

そして明治21年宗光のワシントン赴任に同行。
非常に努力家で宗光から「本や新聞を読みなさい」と言われ日本外交史、八犬伝、十八史略、源氏物語、徒然草、古今集などを読んで勉強したと言う。

英語も勉強し琴の名手でもあり才気溢れる女性だった。
女性の鑑ですね。

外交官夫人ですから日本の文化を紹介するのはもちろんですが公使館のデコレーションにも日本文化を紹介ために蒔絵の衝立などを飾っていたという。

2017/ 2/16 20:55

日本文化を紹介

愛される日本から尊敬される日本のためには何をしたらよいか、それは日本の小説を翻訳することだった。
前述のように亮子は日本の本を読破していたから出来たこと。
毎日2時間は英訳する時間に当てたという。

イギリスのアーネスト・サトウは亮子のことを”涼しい眼をもち、すばらしい眉をもった美人”と評している。(以上出典 BS NHK)

写真からも分かるように日本美人ですね。

近頃「女性の時代」と耳にしますが昔からいろいろな意味で強かったのは日本女性かもしれません。

人気 本

2017書初め行事 全国で開催、京都の筆始祭

2017年明けて早々、京都の北野天満宮の筆始祭をはじめ書初め大会が
全国各地で開催されます。

筆始祭 2日 9:00~ 神前書き初め(16:00まで)

日本文化を大切にするためにも大切にしていきたいものです。
と言いながら多くの人は「字を書くこと」から遠ざかってきています。

「東風吹かば 匂ひおこせよ梅の花 あるじなしとて 春を忘るな」
学問の神様、菅原道真公の歌のある北野天満宮で筆始祭が行われます。

2016/ 1/10 16:24
2016/ 1/10 16:24

2016/ 1/10 16:26
2016/ 1/10 16:26

今ではパソコンで入力すれば早く正確に文になってしまいますが
人の手で書かれた字は別の趣があっていいものです。

ある学校では、書道に使った筆はそのまま家庭に持ち帰らせて家で筆を
洗わせるというのです。
時代の変化と筆の扱いも変わるものですね。
手や衣類が墨で汚れ真っ黒になってしまうのは昔も今も同じです。
道真公の時代の筆の始末はどんなものだったのでしょうね。

京都上賀茂名産 すぐき漬け

伊勢志摩サミット 首相の英語でのおもてなしと市民の語学ボランティア

伊勢志摩サミットでが安倍首相が通訳なしで英語でコミュニケーションしましたが
こういうことは日本では今までになかったこと。

1979年東京サミット(37年前の最初の日本でのサミット)
では議長国でありながら大平総理は端っこにいたというのです。
主催国なのにポツンと一人・・
当時はそれが当たり前の日本でした。

37年前は「言わなくてもわかるじゃないか」という時代だった。

それが今回のサミットでの安倍首相のおもてなし力はすごいと感じました。
まさに、おもてなしを言葉、食材、伝統、場所全ての面から行いました。

伊勢神宮各国の首脳に訪問してもらったということも大きな成果であり
日本という国を知って頂くには最適な場所でした。

そんな中、市民ボランティアが語学でも活躍したそうです。
外国人が多く集まる伊勢駅やフェリーで着いたメディア関係者にも
ボランティアが活躍していました。

高齢者である65歳の男性が語学でサポートしていました。
聞くのは理解できても実践英語に戸惑ったという感想も述べていました。(フジTV報道2001)
語学ボランティアは200人の枠で1000人の応募があったという狭き門。

バングラデッシュの新聞記者に身元確認をしている語学ボランティア。
メディア記者の身元を確認するのに戸惑っていました。(報道2001)
where do you stay? マツサカ・・京都奈良?

報道者の身元判明がするのに時間がかかったが、バングラディシュの記者は
フレンドリーで親身になってくれた」と一件落着した様子。

日本の良さを世界に発信されたとのこと、素直にうれしいものです。

京都迎賓館 おもてなし 和食 BSプレミアム

京都迎賓館の紹介を14日「BSプレミアム」(9:00~10:30)で見ました。

東京赤坂の迎賓館とは対照的で純和風建築の京都迎賓館は日本の伝統技術の集大成です。

庭師さんは「あしらえ」を大切にしていると言います。

桜の木でさえも「あしらえ」として一本だけが庭に植えられています。

十数メートルもあるという和室テーブル用の木は吉野の山から選び抜いたもので職人さんもこんなに長いテーブルの漆塗りは初めてだという。

何百年もの杉の木を選ぶのにも時間を使いその上、節のない木を選ぶことができるのはその道の達人しかできないことでしょう。

漆塗りの職人さんは素手で磨くほど気を使っていたようです。

床は土足のままでも丈夫なケヤキが使われています。

細かいところまで丁寧な細工は京都ならではの仕事だとあらためて感心してしまいました。

このたび無形世界文化遺産に登録が決まった「和食」にもこだわりがあります。

京都の一流料理人が作る料理はおもてなし料理の極限と言えます。

一例ですが、生魚が苦手なお客様用に鴨の肉を用意するという心配り。

海の幸、山の幸に恵まれている日本人は自然の恵みに感謝して頂きます。

裏の畑で採れた野菜を煮たり海から上がった魚を焼いたり、と自然の食材そのままを有り難く頂くところに和食の良さがあります。

そして季節感を楽しむのも料理の一つといえるでしょう。

wasyoku

外国からのお客様は日本人の繊細な心遣いに感激します。

また日本人も誇りを持って和食文化を広めていきたいものですね。