a brilliant woman 日本美人 陸奥宗光夫人亮子

女性なら一度は言われてみたい「美しい女性」という言葉。
縁がある人もそうでない人も一般的に美しい女性とはどんな人でしょうか。
テレビで放映されていたものをまとめてみましたが、ここでは昔の女性を参考に紹介されています。時代背景が現代とは大きく異なっています。

最も美しい日本女性

a brilliant woman 陸奥宗光(江戸~明治を生きた政治家 治外法権撤廃、
日英通商航海条約締結)の夫人、亮子は宗光がアメリカ赴任時、現地の外交界で美しい日本女性だという評判だった。

亮子は藩士の妾の娘に生まれ15歳で芸子、小兼になって新橋で紀州生まれの宗光に見初められる。

勉強家で努力家

そして明治21年宗光のワシントン赴任に同行。
非常に努力家で宗光から「本や新聞を読みなさい」と言われ日本外交史、八犬伝、十八史略、源氏物語、徒然草、古今集などを読んで勉強したと言う。

英語も勉強し琴の名手でもあり才気溢れる女性だった。
女性の鑑ですね。

外交官夫人ですから日本の文化を紹介するのはもちろんですが公使館のデコレーションにも日本文化を紹介ために蒔絵の衝立などを飾っていたという。

2017/ 2/16 20:55

日本文化を紹介

愛される日本から尊敬される日本のためには何をしたらよいか、それは日本の小説を翻訳することだった。
前述のように亮子は日本の本を読破していたから出来たこと。
毎日2時間は英訳する時間に当てたという。

イギリスのアーネスト・サトウは亮子のことを”涼しい眼をもち、すばらしい眉をもった美人”と評している。(以上出典 BS NHK)

写真からも分かるように日本美人ですね。

近頃「女性の時代」と耳にしますが昔からいろいろな意味で強かったのは日本女性かもしれません。

人気 本

英語を楽しみながら覚えるにはyou tubeがおすすめ

Bilingirl Chikaさんはお父さんの仕事の関係で小学校一年に渡米し16年間を米国で
過ごしている女性です。動画で見るかぎりですが素敵な女性で流暢な英語です。
日本語もはっきりしていて聞きやすい。

ショッピング英会話

アメリカのデパートで買い物、ショッピング英会話

Can/Could I try this on?と言って試着させてもらいましょう。
I’m going to think about it.ちょっと考えておきます。

空港で使える英語

ぜひとも覚えておいたほうがいいです。
Bilingirl Chikaさんの「空港のチェックイン・カウンターで使える英語」

会話ではなく学問の英語

が必要になることだってありますね。そういう時はこちらで。
医学英語アカデミー

ちょっと休憩はピコ太郎さんのアッポーペン

ペンパイナッポーアッポーペン/PIKOTARO(ピコ太郎)

 

英語学習ならThe Japan Times On Sunday

日本のシンドラー、杉原千畝の功績

日本のシンドラーと呼ばれた外交官、杉原千畝の功績を私たち日本人はもっと
知らなければと思います。
シンドラーとは、第二次世界大戦中に千人強のユダヤ人を救ったドイツ系の
オスカー・シンドラーという人の名前。

杉原千畝は岐阜の山奥(八百津町、自然に恵まれた山間地域)から出て早稲田で学び、外交官になった人でロシア語、ドイツ語フランス語に長けていたと言われています。

東宝映画「杉原千畝 スギハラチウネ」(2015)の中で杉原自身「人の世話にならないよう、お世話をするように、そして報いを求めぬように」という言葉通りの人だったようです。

第二次世界大戦中に、自分の信念を貫きユダヤ人に命のビザを発給した外交官、杉原千畝は1985年1月18日イスラエル政府より「諸国民の中の正義の人賞」を受賞している。

日本国が発給してくれれば、迫害されている自分たちはソ連を通って逃げられるという切実な願いがあり、それをかなえてあげたことでその子孫たちに感謝され続けています。

すごい日本人ですね。

映画の中では
「ユダヤ難民を見捨てるわけにいかない、ポーランド攻勢でヒトラーは勢いづいているが同盟を結んでいるドイツだってソ連に侵攻すれば日本のために動いてくれることはない」そんなことも危惧していたのです。

リトアニア、カウナスの日本領事館で2139枚(一家に一枚、約6000人)のビザを発給していたという事実、そしてそのビザ発給で救われた人の子孫が世界中で4万人以上生存しているという。

2000年10月10日に外務省が公式に杉原千畝の功績を顕彰している、そういう功績を見て真の外交官魂とはこういうものだと感動しました。

昭和16年、ソ連を通って船で福井県鶴賀沖に着いた難民たちは今までの緊張から安堵に変わり、子供たちは船から降りると跳ね回っていたという当時を知る老人の話をTV番組で紹介していました。当時は日本も戦火の中でした・・・・・

こんなに立派な日本人がいたのに学校では教えてもらわなかったのは不思議です。

喪中の方にお歳暮を贈る時の心遣いと年賀欠礼の葉書

師走に入り何かと気忙しくなっています。
そんな中、仕事や家族の関係者から年賀欠礼の葉書が届くことが。

年賀欠礼が届いた時に

毎年季節のご挨拶をしている方から年賀欠礼葉書が届いた時に
紅白の熨斗を付けてお歳暮を贈るのは気が引けます。

でも、どうしたらよいのかわからないことが多い。

水引のない半紙に

そんな時には水引のない半紙にお歳暮と書いてお送りするのが一番いい
でしょう。
紅白を使わない心がけも必要かと思います。

[char no=”5″ char=”tyouzu”]ちょっとした心遣いは社会において必要なことですね。[/char]

喪中の人に

年賀欠礼の文章はどれも同じで味気ないもの。
喪中なのでそこまで気を配る余裕はないと思いますが、故人について一言
添えるといいいのではと思います。
[char no=”3″ char=”temple”]大往生であればなおさらのこと。[/char]

郵便局でも喪中はがきの印刷を受けてくれるところに相談するのも方法
です。

昔と違い現代は時間が早く過ぎていき、喪に服する日数も以前より短く
なっていると聞きます。
社会における忌引きが短縮されているのも事実。
交通の便も良くなり、昔とは比べ物にならないほど日常が早く動きます。

喪中の時期は時と場合、そして亡くなった人の年齢などを考えて自分なりに
決めるのもひとつ。

大切な人を失って悲しんでいる時に、無情に聞こえてしまいますがすべての
人が一律というわけにもいかないのが世の中です。

季節の挨拶を贈る人も贈られる人も半紙一枚で気持ちが通じ合います。

[char no=”4″ char=”road”]生活の心得は大切なことですね。[/char]

ラサーナから新登場!簡単に白髪が染まる!

WOWOW「杉原千畝スギハラチウネ」12月10日、11日

日本のシンドラーと呼ばれた外交官の激動の半生を描いた歴史ドラマが放映されます。

WOWOW「杉原千畝スギハラチウネ」12月10日、11日。

第二次世界大戦中、多くのユダヤ難民にビザを発給し命を救った日本人外交官
杉原千畝を、俳優の唐沢寿明さんが演じます。

ポーランドでのオールロケ撮影により杉原千畝を壮大に映し出すというドラマです。
お楽しみに。
杉原千畝に関する記事はこちらに詳しく掲載してあります

杉原千畝は岐阜県八百津町という田舎で生まれ、父親の息子に対する希望は
「医者になれ」ということだったが、自信は一生懸命外国語の勉強をして
早稲田に入学した。
医師になることより外交官になりたかった千畝はその希望をかなえてしまったのだ・・・・

奥様、幸子さんの功績も大きかったことと思います。
幸子さんに関する記事を見つけました

杉原伸生氏が父親、千畝氏について語っています。インタビュー記事を見つけました

人間としての外交官はこういう人のことをいうのですね。

仕事・子育て両立は大変ですがうまくいけば満足感も

政府は子供・子育て支援事業を立ち上げています。
仕事と子育ての両立は経験から言うと大変難しかったのですが
周囲の協力と時短でなんとか乗り切れました。

今朝のニュースで「マミートラック」について報道されていました。
子供を持つ女性が出産を機にフルタイムから離れることによって
昇進の機会を外されてしまうというものです。

時短は可能だけれども職場復帰してからは今までの仕事とはかけ離れた
軽作業に変えられたり、昇進は出来なくなったと言う女性が1300人調査
のうち27.8%あったと言うものです(28.11.20NHKnews)

illust妊婦

自身に関して言えば今、言われている「女性活躍社会」以前に女性の出産育児は
本人の都合に合わせるという柔軟な働きかたを与えられていました。
会社の規模によっても違うのでしょうが、トップに女性がいると仕事に
融通性を持たせてくれます。

日本の女性は一家のお財布を握っている人が多いので、(笑)
配偶者の理解は得られていると考えて、職場の男性にも理解を促す必要があります。

ニュースの中でCalbeeさんの事例が出ていて、女性を活躍している様子が
紹介されていました。
勤務時間ではなく成果で評価されなくてはならないとの会長のお話でしたが
もっともです。

フルタイムで働く女性は成果を出さなければというプレッシャーがありますが
やりがいもあるというものです。

内閣府で子育て支援事業

認知症の介護方法と予防法

irakochuripp

7月20日21:00、NHKの番組で「認知症をくい止めろ」と題して介護や医療についての

今後の問題点や今現在の取り組みについて紹介がありました。

65歳以上の4人に一人(800万人が)症状がない認知症予備軍だという報告がありました。

統計で、アルツハイマーを発症しているのは68%,血管型認知症は20%,他2%。

女性の方が長生きするのでその可能性は大きいですし、介護をしなければならない

立場に立つのは女性ということになります。

いろいろな研究が行われている中でシロスタゾールという薬が認知症を遅らせる効果が

あるというのです。

この薬は脳梗塞の再発を防ぐ薬で、脳の中に溜まっている老廃物(アミロイドベーター)を

減少させることがわかったというもの。

アミロイドベーターは血管に排出され、それが多いと血管が切れてしまうとい結果を生む。

シロスタゾールを与えると血管の筋肉を刺激し動かす役目をし、その結果血管が広がり

アミロイドベーターを取り除くことができるというもの。

現在100種類以上の薬の開発が行われているがどれも有効性がないというのです。

認知症は脳の糖尿病と言い換えられるということで直接、インスリンを鼻から吸引し

脳へ吸収させることにより海馬に近い神経に到達し脳に直行できるという効果があると

いうものですでにアメリカで実施されているようです。

これは軽い人に効くということで、認知機能の低下が抑えられたという結果がでているという。

インスリンは現在でも使われている薬であり、新しい薬が3年以上もかかるのと違い

副作用がある程度わかっていることで応用がきくということです。

介護においてフランスから伝わっている「ユマニチュード」という介護方法が注目されています。

びっくりさせないこと、肩に手を掛ける、積極的に触ってあげるなどしてあげると穏やかに

なるという結果が出ているそうです。

【因果関係】

生活習慣病に関係が深く糖尿病の人は2倍の危険性があり、喫煙する人は3倍のリスクが

あるという。

運動は効果的なので運動を心がけるようにということでした。

 

母の力 日本のリーダー土光敏夫を育てた女性

日本を代表する東芝に立て直したことで知られている土光敏夫さん
公私を峻別しつねに身ぎれいな生き方を」モットーにしていました。

国の為、行政改革を成功させたのはメザシの土光さんだったからでしょう。

無駄なお金は使わない質素倹約を絵に書いた人だったという。

社では幹部に厳しかったが従業員の首は斬らない社長でした。
母の力」(文藝春秋 出町 譲著)に書かれています。

そんな偉大な土光さんを育てた母親はどんな人だったでしょう。

片手授乳し片手で本を読んでいたという。
名は土光登美、明治4年岡山県生まれ。

土光氏が「母は非常に強い意志を持っていた。子供に対しては実に寛大で・・・母は全てを許してくれた」と述べています。

登美さんは60歳くらいの時にピアノを習い、琵琶や謡曲を習ったという。

70歳になってから神奈川県鶴見に橘女学校を創設しています。

「どのお子さんにも入学しtもらいましょう、」と差別のない教育を目指していました。

土光さんのことを「コツコツと頑張り、会社では出世している」と語っています。

こつこつ頑張る力は母に教えられたのでしょう。

「東芝」という会社を見れば土光さんの偉大さが分かります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大企業にもいろいろな事情があるようです。
土光さんが今、生きておられたら・・・・・

東芝が今、2017年現在、苦境に立たされていますが、先月NHKでフラッシュメモリー生みの親が東芝の社員だったというドキュメンタリーを放映していました。

いまでは当たり前になっているパソコン、携帯電話など多方面で使われているメモリーチップですが30年かかったと開発者の言葉です。

世の中に出るまでの苦労話、上司とのコミニュケーション不足などが語られていました。

当時の東芝の利益はメモリーカードのお蔭だったとも。

もう一度そんな東芝として蘇ってもらいたいものです。

人気 本