認知症の介護方法と予防法

irakochuripp

7月20日21:00、NHKの番組で「認知症をくい止めろ」と題して介護や医療についての

今後の問題点や今現在の取り組みについて紹介がありました。

65歳以上の4人に一人(800万人が)症状がない認知症予備軍だという報告がありました。

統計で、アルツハイマーを発症しているのは68%,血管型認知症は20%,他2%。

女性の方が長生きするのでその可能性は大きいですし、介護をしなければならない

立場に立つのは女性ということになります。

いろいろな研究が行われている中でシロスタゾールという薬が認知症を遅らせる効果が

あるというのです。

この薬は脳梗塞の再発を防ぐ薬で、脳の中に溜まっている老廃物(アミロイドベーター)を

減少させることがわかったというもの。

アミロイドベーターは血管に排出され、それが多いと血管が切れてしまうとい結果を生む。

シロスタゾールを与えると血管の筋肉を刺激し動かす役目をし、その結果血管が広がり

アミロイドベーターを取り除くことができるというもの。

現在100種類以上の薬の開発が行われているがどれも有効性がないというのです。

認知症は脳の糖尿病と言い換えられるということで直接、インスリンを鼻から吸引し

脳へ吸収させることにより海馬に近い神経に到達し脳に直行できるという効果があると

いうものですでにアメリカで実施されているようです。

これは軽い人に効くということで、認知機能の低下が抑えられたという結果がでているという。

インスリンは現在でも使われている薬であり、新しい薬が3年以上もかかるのと違い

副作用がある程度わかっていることで応用がきくということです。

介護においてフランスから伝わっている「ユマニチュード」という介護方法が注目されています。

びっくりさせないこと、肩に手を掛ける、積極的に触ってあげるなどしてあげると穏やかに

なるという結果が出ているそうです。

【因果関係】

生活習慣病に関係が深く糖尿病の人は2倍の危険性があり、喫煙する人は3倍のリスクが

あるという。

運動は効果的なので運動を心がけるようにということでした。

 

50肩痛み 症状 肩甲骨ストレッチ体操

2月5日の「ためしてガッテン」から。

肩の痛みで夜も眠れない辛さを訴えている人がいます。

1,痛みは突然やってくる。
2,痛い手は上げられない
3,痛みで眠れない

痛みを感じる人の共通点です。

人間は肩甲骨が自由に動かせます。
その肩甲骨を動かすことによって筋肉に負担がかかります。

それによって痛みが出て腕が上がらなくなります。
一般に言われる50肩の人はこのような炎症がでてきます。

1年位で、固くなったところをほぐしていると元に戻ります。

しかし悪化するケースがあります。
それが終身型の50肩ということです。

【終身型の50肩】

腱板断裂が起きているというのです。
腱板には血管や神経が少ないので気づかないうちにキレる人がいるというのです。

50肩(40肩も同じ意味)でも別の手で支えると痛い腕が上がるということもあるようです。

一般的な50肩と終身型の50肩、どちらも共通点があります。

それは日頃から肩甲骨を動かしていないという点です。

肩甲骨をストレッチさせることが重要です。

猫ストレッチ体操

背中を丸めておへそを覗くようにする。
今度は背中をそらす。

それを5回ほど繰り返す。

ペンギン体操

肘を伸ばした状態で肩甲骨を上下させる
簡単な運動があります。

無理をせず痛みの出ない範囲で肩のストレッチをしましょう。

脳卒中体質 血圧変動タイプ NHKためしてガッテン

脳卒中体質という単語をこの番組で知りました。
体質、血圧の測り方、血圧変動タイプの人、回復の可能性を紹介しています。

【体質】

60代で4人に一人、70代で3人に一人の割合でその体質の人がいるようです。

ある70代の女性がなぞの脳梗塞を起こしたということです。
なぞの、というのは血圧は正常で体のことを注意していたのに脳梗塞を知らないうちに発症していたというのです。

平衡感覚がなくなり、ドアが歪んで見えたので慌てて病院へ行き
診断を受けたというのです。
知らないうちに14箇所も脳梗塞の痕跡があるという。

血圧も、ヘモグロビン、LDLコレステロールも正常なのになぜ?
夢にも思っていないことが起きてしまったということです。

「穿通枝」という細い血管は太い動脈から直接出ている血管、その平滑筋が血管を広がるのを抑えたりする。
穿通枝という血管に圧が加わると血管の壁が厚くなり詰まってくる。

では、そういう体質になる人はどうやって知るのでしょうか?

それは

【血圧の測り方】で分かるそうです

健康な人では立って測った時と座って測った時の血圧の差はないのですが脳卒中を起こす体質の人はその差があるようです。

【血圧変動タイプの人】です。

15mmHgの差があったり、夜寝る前と朝起きた時の差で15mmHg高い場合は
脳卒中体質のようです。

80歳の女性がその体質を克服したのを放映していました。

ポイントは
1,減塩
2,20分の散歩
3,睡眠をしっかりと取る。

という3点で改善できるということです。

【回復の可能性】

自治医科大学の苅尾教授が、いい睡眠をとると交感神経が抑えられて血管の柔軟性を回復できると説明されていました。

3年ほど前から血圧の変動の大きさを注目してくるようになったということです。
比較的新しい研究のようです。

加齢やストレスで血管はもろくなるのは知られていることですが生活改善によって年配者でも回復するということです。

根気よく、良い生活習慣を身につけることが大切ですね。