武士に好まれた肥後菊、清らかさが漂う嵯峨菊、伊勢神宮の伊勢菊、日本原産の菊

神社境内で開催される菊花展

菊日和の一日 菊花展を鑑賞。

万葉集にも詠われている古い神社の菊まつりは毎年開催されます。
コンンクールで入賞した菊が参道両脇に展示されているのが圧巻。
花火のように大きく開いた菊が並んでいる

まずは本殿でかしわ手を打ちます。

1本の幹から大輪の菊を咲かせています。

境内には立派で大きな菊が展示されており、神社と菊の花が一つになっている。
参拝と見物の両方が出来て観光客にも人気コースとなっています。

https://www.youtube.com/watch?v=E_4dzIyvH7o&t=75s

日本原産の菊

1,肥後菊:武士道が盛んだった頃、細川藩士の教養の一つとして熊本地方で栽培された菊。
      明治天皇が好まれたという。

2,嵯峨菊:千年の昔から京の宮廷で栽培されていた菊。
      現在は嵯峨野にある大覚寺で育てられ清らかな姿が特徴。
      茶席用の花として現在でも重用されている。

3,伊勢菊:伊勢神宮周辺で栽培されていたという菊。
      花弁がよれて垂れ下がっている。

日本原産伊勢菊

4,江戸菊:徳川中期より江戸で栽培されている(菊の展示が見当たらない)

など。(越後一宮、弥彦神社の説明を参照)

食と菊

どこかで見たことのある「菊と盃」、花札にありますね。
(花札って今もあるのかなぁ)


重陽の節句(9月9日)に菊酒を飲むという習慣がありました。
菊の花びらを酒に浮かべて飲むという何とも風流なの味方です。

料理に菊が添えられているのは今も目にします。
また、食用菊を食す地方(新潟、山形など)は現在も盛んに食用菊を栽培しています。

菊を英語で言うと

chrysamthemumと古い辞書に書いてあります。

別名をgolden flowerとあります。やはり黄色が主役のようです。
ball-shaped flowersとあるので西洋菊が主流を占めているのもうなづけます。

菊の生産量日本一の県 

愛知県田原市です。愛知県の情報によると全国の36.4%を占めているという。
田原市は菊農家の継承者も多いということです。

温暖な気候のお蔭もありますが、日夜ハウスで栽培するには電気設備が重要だと聞きます。
年中、需要があるのは、菊の花の清らかな姿の所以でしょう。

神社の境内には最も合う菊の花

ご皇室のおしるしということもありますが、(日本原産)の菊の姿は清楚な花という印象を与えます。

1万年前の縄文時代から続く米作、今年も豊作 rice field in Japan お米に宿る強い力を受ける

縄文人も食べていたお米

私たちが主食としている「お米」は縄文時代から連綿と受け継がれているものです。
縄文時代の土器に米が使われていた形跡が残っているということから米作が行われていたことが分かるそうです。
川に遡上してきた鮭も食べていたようです。
食に恵まれていた縄文人は美味しいものを知っていたのかもしれませんね。

神が宿る

お米は単に食物としてではなく神が宿るものとしてお供えや清めの具として使われてきました。お米に宿る強い力を身体に受けようとする私たちの切なる願いが現れています。
(奈良、春日大社内にある植物園の説明から)

春日大社植物園にて

昔の人たちが食用として作っていた「きび」(きびだんごのきび)

お米で一番収穫量が多いのがコシヒカリ

農林水産省のページを見ると、日本のほとんどの県でコシヒカリが作られています。
中でも新潟県産コシヒカリが一番知名度があります。

棚田 

山の傾斜地に作られる田んぼを棚田と呼びます。
傾斜地での仕事は重労働になります。見る分には美しいのですが作業する場所としては苦労が多い場所となっています。

人々の協力が必要な農作業

例えば、田んぼに水を引く作業は必須作業ですが、自分の田んぼだけにというわけにはいきません。
現在では農家組合があり、協力し合いながら時期などを見て田んぼに水を入れます。
村八分という言葉があります。
江戸時代には、村の掟を破った者に対して排除するということをしていました。
早く言えば仲間外れということですが、村の人たちの協力がないとうまくいかなかったことが分かります。

縄文時代の大昔から、輪になって広場を囲むようにして生活をしていたことが各地の遺跡から分かっていることです。

協力があってこそ美味しいお米が食べられているのですね。

アニメ 老夫婦が踊ります

https://youtu.be/Ahn7sSY9zxQ

2022年の干支は最強の五黄の寅「虎」年

日本に来てトラになったという説

大漢和辞典編集者の諸橋博士の言葉を借りると中国では「菟(と)」と呼ばれていたのが日本では意味のない「ら」がついて「とら」になったのではないかということです。

伝説の虎退治


武将、加藤清正の虎狩りは有名な話です。
昔、「加藤清正お馬乗ってホイ!」と遊んでいたものですが、その大切な馬が虎に捕られた仕返しに虎退治をしたという。そんな伝説があります。

*参考  因みに清正といえば名古屋城の清正石が知られています。
この石の大きさは畳8枚ほどあるということです。名古屋市の観光リンクを下に貼りました。

名古屋城の「清正石」
https://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/guide/ishigaki/

虎に関する諺

・ 「苛政は虎よりも猛し」

孔子の言葉に「苛政は虎よりも猛し」があります。
過酷な政治は虎よりも恐ろしいという意味です。
政治家の皆さんには心してもらいたいと思います。

・「虎視眈々(こしたんたん)」
恐ろしいものが「虎視眈々」と隙を狙っているという意味。
気を緩めずにしたいものです。

・「虎の尾を履む」
危険なことをしてしまうという意味です。後が怖い!

・「虎穴に入らずんば虎子を得じ」
少しの危険を犯さなければ功を立てられないというたとえ。

・「虎の威を仮(借)る狐」
小人ものの例え

五黄の虎

36年に1回の干支の寅年になるのが2022年ということです。
最強の寅年と言われ、その年に誕生した人たちは強く猛々しいと言われています。

名前につける

強い虎に因んで虎之介、虎雄などという名つけられた人たちは多いはず。
羊や虎、龍などの干支は名前との相性がよく、その年に生まれたことが分かっていいものです。その反対に干支の名を使いにくい動物も結構います。


https://www.youtube.com/watch?v=G8FrCQDD8PA

真紅の花、彼岸花(曼殊沙華)が見事。秋になると見たくなる花のひとつ。

群生する真っ赤な花

今年も彼岸時期にヒガンバナを見に行ってきました。
あぜ道や野原に咲くヒガンバンの色は遠くからでも目につきます。

花が咲いている時には葉がない彼岸花

葉がない花

花が開いていいる時には葉がないので一層鮮やかな真紅が目立つ曼殊沙華。
花の形も珍しい。
花が終わると葉が出てきて春になると葉が枯れてしまうという。

彼岸時期

彼岸時期に咲くこと、何とも不思議な花の形と花の色から別名ではあまりイメージが良くない「幽霊花」とも呼ばれますが最近はその名も消えつつあります。鮮やかでインスタ映えする花なので人気は急上昇中。

アルコールゼロの甘酒の力、トーストやイチゴにかけていただきます、漬物もできます

天然に存在するアミノ酸5-ALAが豊富に含まれていると言われている甘酒です。
アミノ酸5-ALAについては長崎大学が世界に向けて発表したものが詳しく書かれています。

発酵食品

発酵食品は日本が誇る食品です。
和食を食べておけば健康に過ごせるほど栄養価があるものが多いのも事実。
甘酒、味噌、日本酒、納豆、漬物など発酵食品は数多くあり、私たちが当たり前に摂っているものばかりです。

漬物に

甘酒はちょっと苦手、と思う方にオススメするのが漬物。
甘い酒からしょっぱい漬物が出来るなんて信じられませんが、甘酒に少しの塩と野菜を入れておくと塩梅よく糀付けが出来ます。

即席漬物の作り方

ボールにコーヒーカップ1杯ほどの甘酒を入れ、切った野菜を浸すようにして入れ塩梅を見ながら塩を入れます。
塩は最初は一つかみ程度、計2グラムも入れれば十分です。(1グラムでもよいくらい)
数時間漬けておけばもう出来上がり。

ガラスペンで京都の舞妓さんのぬり絵に挑戦

国産ガラスペン

国産手づくりのガラスペンは最後の一滴まで出てきます
作りの良いことは実感できますが、初めての塗り絵をした時に、ペンの角度やインク量が判断できませんでした。にじんだり、濃すぎたり、かすれりと試行錯誤をしてやっと出来上がりました。

筆のような滑らかさに欠けていますがペン先から静かに流れ出るインクのタイミング

ガラス製ですから筆のような繊細な塗り方は難しいです。
袖口は塗りすぎてしまいましたが着物の色に満足しています。

ところで舞妓さんの美しさへの手入れは大変だと想像します。
最近は舞妓さんが自由に歩くことができないほど外国人観光客が押し寄せているというニュースがあります。

邪魔しない程度に舞妓さんを舞妓さんらしく歩かせてあげたいものです。
気遣いも大切なことです。

舞妓さんのように白い泡

原画はミシンメーカー、機器メーカーで知られているブラザーさんの無料塗り絵をダウンロードして使っています。

いろいろなインク色を1本で楽しめる glass pen 稲穂色のインクで「いなほ」inaho, rice ears 日本製のガラスペン 

ガラスペンの発祥地は日本

見た目がきれいな日本製のガラスペン。
1本のガラスペンでいろいろな色を楽しむことが出来るから便利です。

ガラスペンは☜こちらで購入できます。

稲穂色のインクで「いなほ」

毛筆のような繊細な字は書けませんがペン先のインクが減ってくると色が薄くなり字の変化が生まれます。

色インクの使い方

インクはペン先をちょっと浸すくらいで十分です。
インクをたくさん入れると字がにじんでしまいます。
その塩梅が必要ですが、書いているうちに慣れてきます。

もしつけすぎたらティッシュペーパーで拭き取ります。
ガラス素材ですから、インク瓶の縁で振ったりぶつけたりしないよう注意が必要です。

いろいろなインク色を楽しむことが

水で洗い落とす

  • インクの色を変えたい場合は一旦水の中で落とします。
  • ティッシュペーパーで軽く拭きます。
  • ペン先はからっぽになって次の色を入れることが出来るのです。
  • 毛細管現象というものです。
  • 手紙を書いたり、絵を描いたりするときに重宝します。
  • 気軽に書ける絵手紙などには最適です。

ペン先が摩耗したら

運悪くガラスペンを落としたりすると先が割れてしまいます。
丁寧に使用することが大切ですが先が摩耗してきた場合は紙やすりで手入れするとよいです。

音を楽しむ

ガラスペンが「ガリガリ」という音をたてます。
字を書いているんだと肌で感じます。

ちょっと不便なところ、でもその不便さを楽しむ

インクを揃えなければならないことです。
ですから実用的ではなく趣味の世界に向いています。

  • 黒色
  • 蒼天
  • 利休茶
  • 若鴬
  • ふじすがた
  • 桜森
  • いなほ
  • あさがお


こちらは筆ペン仕様です。カラー筆ペンで英語筆記体◇gold,blue,sky blue…..

祝・子どもの日

子供の日が制定された時代

敗戦から数年後の1948年に端午の節句から「子供の日」に名称が変更されました。
制定は「端午の節句」の由来を知らないアメリカ人の影響が大きかったようです。

もともとは男子の節句だったので、こいのぼりを揚げる意味や武者人形を飾る意味があったのです。男の子も女の子もどちらも大切な子供たちなので「子供の日」に異論はありませんが文化や歴史には意味があることだけは知っておいた方がよいのではないでしょうか。

鯉のぼり

住宅事情で今は鯉のぼりを揚げられない家が多いなか社会事情や考えの変化も加わり町から消えて行ってしまいました。
しかし、持ち寄って河原で揚げたりする地域が各地で見られます。
多くの鯉が一堂に会して泳ぐ姿は圧巻です。

https://youtu.be/Y1W9VfEfXxw

五月人形

男子の誕生にお祝いとして贈られた五月人形です。
子どもたちがおもちゃの刀でチャンチャンバラバラしていた頃から何十年もの年月が経ちました。新しいものを購入せずに孫の代にまで楽しめることで実家や親の散財も減ります。
古いものを大切に守っていくことは日本人の私たちが得意とするところです。

生活

この時期は新緑や若葉が楽しめる時期です。
柏餅は、柏の葉を使って中の餅団子を包みます。
柏の木は高くまっすぐに伸びることから縁起物として使われてきました。
柏餅は男の子が立派に育つようにと願いが込められた食べ物となっています。


菖蒲が育つ時期でもあるので「尚武」にかけて菖蒲の葉を湯船に入れます。
このような習慣や言い伝えが古臭いものとならないように伝えることも重要です。

アメリカ合衆国50州を筆ペンを使って筆記体で書く、NY,LA….A to Z

友好国のアメリカの選挙結果をハラハラして見守っています。
あるサイトでリンカーンの言葉が出ていたのでご紹介します。

America will never be destroyed from the outside.If we falter and lose our freedom,it will be because we destroyed outside.

‘Abraham Lincoln

今回、a brilliant woman of courage と呼ばれる女性の活躍がすごいですね。
こういう人こそが真に強い女性と言えるのでしょう。
その人の名はシドニーパウエル女史。

筆ペンで筆記体

ペンはおもに縦書きが多いのですが横書きで試してみました。

 ところで動画の途中でチェックや筆を休めている場面があります。
50州を書くのにスペルチェックをしながら書いているので時間がかかってしまいました。ミシシッピーの単語はssiが二度続いた後ppiiとなり[i]が多いのが驚きです。

アメリカ抜きでは考えられない世の中の動き

アメリカの動きが気になるところです。
そんな選挙のなか、昔よく口にした「私しゃアラバマからルイジアナヘ♪」を思い出し、
歌の中にあるルイジアナってどこだっけ、ということから始まり50州を書いてみることにしました。

https://youtu.be/ThcNsrnE4fY

動画に示したように50州を書き終えて、さて昔旅した州はいくつかだったかと数えてみました。約10州でした。

ということで「強いアメリカ」「世界の警察」と言われるアメリカ合衆国であってほしいと今も思います。