CATEGORY

生活

好きなインク色を1本で楽しめる glass pen 稲穂色のインクで稲穂「いなほ」

ガラスペンの発祥地は日本 見た目がきれいな日本製のガラスペン。1本のガラスペンでいろいろな色を楽しむことが出来るから便利です。 ガラスペンは☜こちらで購入できます。 毛筆のような繊細な字は書けませんがペン先のインクが減ってくると色が薄くなり字の変化が生まれます。 色インクの使い方 インクはペン先をちょっと浸すくらいで十分です。インクをたくさん入れると字がにじんでしまいます。その塩梅が必要ですが、書 […]

子供の日が制定された年は戦後の1948年、端午の節句から「子供の日」に名称変更

子供の日が制定された時代 敗戦から数年後の1948年に端午の節句から「子供の日」に名称が変更されました。制定は「端午の節句」の由来を知らないアメリカ人の影響が大きかったようです。 もともとは男子の節句だったので、こいのぼりを揚げる意味や武者人形を飾る意味があったのです。男の子も女の子もどちらも大切な子供たちなので「子供の日」に異論はありませんが文化や歴史には意味があることだけは知っておいた方がよい […]

カラー筆ペンで英語筆記体◇gold,blue,sky blue…..

筆記体の書き方  カラー筆ペンで、中学校の時に必須学習だった筆記体で書いてみました。現在の学生は、ブロック体が主流のようです。筆記体は読みづらいということでしょうか。  大文字のスタイルは現在と昔と書き方が変わっているかもしれません。最近はカリグラフィーアートが人気でネットで美しい筆記体を見ることができます。  動画の筆ペンは、ぺんてる製品(水性顔料インキGFH-X プッシュリフレッシュ方式)を使 […]

若いお母さんから経験豊富なお母さんまでのアニメ顔 15秒のショート動画

ショートショートアニメでお母さんの顔を作ってみました。上をクリックしていただけるともう一人のお母さんが右から出てきます。 画像ソフトはadobeを使っていますがまだまだ初心者ですから使いこなせていません。真ん中の絵は自分の世代です。(こんなに可愛くありませんが(汗) 明治時代のしつけ 明治生まれの祖母(明治時代の教科書を掲載)から大正生まれの母親、そして昭和世代の自分自身を通して見ると世の中の変化 […]

今は昔になってしまった障子の穴の張り替え

 今は昔になってしまった障子の穴の張り替え。なぜなら障子の部屋がない家庭が多くなり、その仕事も専門業者に任せることが多くなったからです。 障子の貼り方  今は大きな障子紙で一気に貼ることができますが、昔は一般的に障子紙のサイズが決まっていました。ですから貼り方に規則があり、下から張っていくものです。  次に上段を貼ることによって、1枚目と二枚目、二枚目と三枚目、のつなぎ目が上に重なって行きます。そ […]

清潔な日本人の家の木の床は磨き込まれている

 新型コロナウイルスが世界中に蔓延しているなか、アメリカのCORONAVIRUS.GOV ではwash your hands, disinfect surfaces, avoid coronasなどを伝えています。  清潔にしておかないとバイ菌が至る所から侵入してきます。そんななか、日本人の清潔さは知られている所ですが、次のような言葉を見つけました。今から100年以上も前の明治時代の日本人の暮らし […]

歌の美しさから見る美人、小野小町

百人一首九番歌 花の色は移りにけりないたづらに我が身世にふるながめせしまに 百人一首 3月15日、東京のさくらの花開花宣言がされました。今年は暖冬で桜の開花は例年より早くなっています。咲いた花はもちろん、散る桜にも情緒を感じる私たち日本人です。 小野小町が「時がふる」と詠んでいることから 年を重ねてから詠んだと推測できます。散らぬ桜も散る桜もどちらも色は変わりません。(でも自分はまだ散らない、と言 […]